忍者ブログ
スズキニーマルサン と読みます
[473]  [472]  [471]  [470]  [469]  [468]  [467]  [466]  [465]  [464]  [463
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 




12月10日。皆既月食。

ぼんやりと欠けていって、あかく染まった月。
地球の裏側にかくれてしまえば、
月は暗闇のなかにすっぽり隠れてしまうーと思っていたら、
みるみるうちにあかく、存在感が増していくので
すっかり目が離せなくなってしまった。
あの赤がもしかしたらほんとうの宇宙の色かもしれない。
なんて思いながら。


 


12月11日。
雲ひとつない夜空。
満月にちかい光に満ちた月。


12月12日。
今日も月明かりがまぶしい。
うっすら雲が月を囲む。
雲は虹色に染まっていた。






ここのところこんなふうに、
月ばかりみつめて
夜空とよりそうような日々。





ーーーーーーーー




さっき。
 
不覚にも延滞しちゃったDVDをTSUTAYAに返しに。
ついでに閉店間際の駅ビルで、カフェオレをぐいっと飲み干して一息。
このところ、頭の中が ぐる ぐる ぐる ぐる まわっているので
せいとん。

せいとん のために今こうしてブログを書く。

 

 


先日の忘年会の宴の席で、
ノリでかるーく手相をみてもらった。

そのとき言われたことと、
ずっとぐるぐる悩んでいることとをつなげて照らして考えてる。



「親からは、ちゃんと普通の幸せを得られる運をもらっているのに、
 それと逆のこと、逆らったことを君は今してるね。」



この言葉に面食らってしまった。なんか図星だったというか。
「逆らってる」というふうには、私自身は一度も感じたことなかったけれど
そうなのかもしれないなぁ。
今も心配ばかりかけてるし。


けれど、「逆らってる」ことをどう捉えるか ということ。


「いま自分で道を切り拓いてるとこなんだね。」


そうか、そうなんだな。
「切り拓く」ことも、親から与えられたものがある上に成り立っているものと思うし、
いや、なくちゃムリだった。断言できる。
「逆らう」ってことは、親も知らなかったような
新しい自分を提示するってことなのだと、今はおもう。



もこもこぶくぶくしたこのせかいに自分の道を造っていくというのは、
本当に心がおれそうで 捨てられないものとの葛藤で
大事なモノと大事なモノのせめぎあいと
それらを見失わないように意識をつねに一定のところ以上に保ってくことのむずかしさとか
いーーっぱいの不安がつきまとう。あーつきまとってるなぁ、まさに今。




その中にあっても、
ここまで応援してくれる親に自分の道をしっかりと示す事ができるように、
途中であきらめないように。

不安の膜に覆われてしまわないように。





しっかりと。


しっかりと。



沈んだり浮いたりしながらも足を前へむけていきたいとおもう。







ふう。

せいとんが終わるのはまだまだ先になりそう。
コツコツと。

コツコツと進めてこう。


















PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
プロフィール
HN:
cojicoji & みずの
性別:
女性
自己紹介:
2007年9月から2008年3月まで
不定期でオープンした「suzuki203」。
サロン風に、cojicojiとみずのの自宅スペースを開放し、
ゆるいおもてなしと企画を用意して
みんなで有機的な時間の共有を試みる。


2008年4月より、
cojicojiとみずのはそれぞれの道を歩むこととなり別々の場所へ。


いつかもう一度
「suzuki203」なる場所で会えるときまでここで・・・。




アクセス解析
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]